スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワキの脱毛

Category : 脱毛のお勉強
ケノン脱毛器

わきの脱毛は基本中の基本

女性にとって一番脱毛をしたいと思う箇所がワキだと思います。
脇の脱毛は一般的になっており、多くの女性が脱毛されるため、
脱毛サロンやクリニックでもリーズナブルな価格となっています。

ワキ脱毛は自分でもできる?


ワキの脱毛を自宅で自分でするという方も多いです。
鏡を見ながら処理できる箇所ではありますが、メリットもあればデメリットも勿論ありますので注意が必要です。

自宅でワキ毛処理を行うにはいくつかの方法があります。
カミソリや電気シェーバーを使用する。
毛抜きで抜く。
脱毛器を使用する。
などの方法があります。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

カミソリや電気シェーバー


カミソリやシェーバーは手軽にムダ毛の処理ができるのが魅力。
ワキだけでなく、他の部分のムダ毛処理にも使用した方も多いと思います。
手軽にできる分、デメリットもあります。
一番気を付けなければならないのが、肌を傷つけてしまうことです。
ムダ毛を剃るときは必ず毛の流れに沿って剃るようにしましょう。またこの時に、地肌に直接ではなく、ボディーソープなどをつけて傷つけるのを防ぐようにしましょう。
シェーバーはカミソリに比べて肌を傷つけにくいのでおススメです。
ただ、根本を処理するわけではないので、またすぐに生えてくるのが難点ですね。

ポイントは一度に処理しようとしないで数回に分けること。
肌が赤くなったりヒリヒリしたら痛めている証拠なのですぐにやめましょう。

カミソリなどは刃がきれいな物を使うこと!でないと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も高まります。衛生面には特に気を付けて下さい。

毛抜き

毛抜き
カミソリやシェーバーでは毛根まで処理できないので、毛抜きを使って処理する方もおおいですが、個人的にはあまりお勧めできません。
毛抜きで毛根を抜くと毛穴が目立ってぶつぶつになってしまうからです。
また、一本ずつの処理になるので、広範囲のムダ毛処理には向きません。
手軽に処理はできるのですが・・・あまりメリットと言えるものがないなと感じているのが毛抜きです。


脱毛器

脱毛器で美脚
家庭で脱毛を行うのならオススメはやはり脱毛器です。
脱毛器はサロンとほぼ変わらないパワーを持っていて、ムダ毛の処理後も仕上がりが美しいのが特徴。
サロンなどに通わなくても手軽にきれいに処理がでるのが嬉しいですね。
デメリットとしては、上記の2つの脱毛方法に比べて料金が高い。そして大きい、物によりますが、カートリッジやランプ、専用のジェルが必要などランニングコストが必要な物がある。
ですが、家庭で脱毛するなら、一家に一台はあってもいいと思えるほど脱毛器はムダ毛処理にたいして優れています。
>>家庭用脱毛器の一覧はこちら

家庭用脱毛器でオススメは?


今のところ、家庭用脱毛器で一番おすすめしたいのはケノンです。
ケノンは大人気の脱毛器イーモリュージュがパワーアップした物です。
肌に優しく、効果的な脱毛ができるケノン最大の特徴は、脱毛効果を発揮するフラッシュ(光の熱により、ムダ毛を内部から破壊する)を強力な1発照射、3連射、肌に優しい6連射の3タイプから自由に選べます。
頑固なムダ毛には1発照射、普段使いは6連射で肌のダメージを最小限に抑えて脱毛をすることができるんです。
>>家庭用脱毛器ケノンの詳細はこちら
スポンサーサイト

全身脱毛

銀座カラー全3回2,000円コース&キャッシュバック銀座カラー

両ワキ+Vライン

ミュゼプラチナム通常4,800⇒3,800円ミュゼプラチナム

ハイジニーナ脱毛

ピュウベッロ通常一回コース30%OFFピュウベッロ

両ワキ脱毛

ジェイエステティック両ワキ脱毛12回750円ジェイエステティック

脱毛ランキング
       
ケノン日本製の総合No.1脱毛器
ケノン脱毛器
価格 カートリッジ 脱毛箇所
71,800円 7,700円
1回の照射で約0.15円
全身使用可能

ケノン

センスエピアメリカのallaboutでno1の人気
価格 カートリッジ 脱毛箇所
39,800円 5,250円 全身使用可能

センスエピ

LA VIE価格で選ぶなら
価格 カートリッジ 脱毛箇所
49,000円 4,200円 全身使用可能

LA VIE

            
                         

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。